FXの相対取引の特徴

近年、FX投資は多くの方から注目されている金融商品です。このFX取引には相対取引と呼ばれる店頭での取引と、取引所取引という取引方法があります。これらの取引方法には大きな違いがあり、予めこれらの違いを把握しておく事が重要になります。ここではFXの相対取引の特徴についてお話致します。先ず最初に、この店頭でのFX取引は、投資家と業者が直接取引をする方法です。取引のルールは取引所取引よりも厳格では無い為に、取引できる通貨ペアの種類や、トレードツールなどが業者により大きく異なるという特徴があります。基本的に、この店頭取引では手数料が無料で、取引所でのFX取引よりも取引コストの負担を低減してトレードを行う事が出来ます。近年では、税制の規制も緩和され、税金の負担も低減され非常に良い取引環境が整備されています。次に、FXの取引所での取引は公的な機関が提供しています。この取引ではFX業者が仲介し、取引は取引所で行われるということになります。店頭取引と比較すると、より厳格な取引ルールが採用されており、取引通貨の選択肢やトレード環境に自由度が低くなる傾向があります。そして、手数料が必要となる為に予め確認が必要です。このようにFXの相対取引の特徴にはこのようなポイントがあります。